« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月 8日

透明人間あらわる

今頃になって平井堅が何故に

『大きな古時計』という童謡を上手に自信満々に歌っていたのかが気になりだした。


みなさんも一度は考えた事があるでしょう。

「透明人間になってみたい」と。

男ならほぼ全員が“のぞき”をしたいと思うでしょうが、それは置いておいて。

物を盗みたいと思った事があるでしょう

たとえ、周りからは持ったものが宙に浮いたように見えたとしても

誰が盗ったのかわからないしっていう。


だけど、オレは透明人間になって物を盗むのって結構難しいと思う。


何故なら透明だと、自分の手が今どこにあるのか、どこまで伸ばしている状態なのかが

自分自身でも見えないから。


一発で取れないでしょ。

遠近感が難しいでしょ。

だからオレは顔だけ透明になりたい。

それ、セロよりすごいでしょ。

あの人、自分の顔を胴の辺りまで上下に平行移動させることができるようですけど、

消せはしないでしょ、たぶん。


でも盗みをしても指紋で捕まったりするんでしょうね。

足跡とか。

結局はのぞきが一番簡単にできるのではないでしょうか。

やっちゃいけないけど。

でも、

ぜひ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年2月 4日

花の中三トリオって言うけど

これ買ってきました。おもしろいです。

ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第 ハローバイバイ・関暁夫の都市伝説―信じるか信じないかはあなた次第

ちょっと怖いのもあるけどね♪


こないだヘイ!ヘイ!ヘイ!に森昌子が出ていて思いました。

1970年代のアイドルで「花の中三トリオ」と呼ばれている三人がいたそうです。

それは森昌子と山口百恵、桜田淳子だそうです。

ここで思ったのが「花の」と言っているにも関わらず

花なのは桜田淳子の「桜」だけ。


森昌子は「森」だし、

山口百恵に至ってはもう「山」だ。



段々規模がでかくなってますね。

全然「花の」じゃないです。

何故「華の」じゃなく「花の」なんでしょうか。

ホントは「花の中、三人トリオ」のことで

「花の中学」という名前の中学校の三人と・・・無理がありますね。


うーん・・・。

よくわかりませんが、要は適当に三人をくっつけたというところでしょうか

たぶんそうでしょうね、うん。

無難にそう思う。


(オチが見つからないだけ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »