« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日

江原さんすごいね そして大晦日

★スピリチュアルカウンセラーの江原さんの能力はある意味うらやましいね。

ちょっと怖いような気もするけど。

亡くなった人と交信ができて、その家族や友達がもう一度会いたい、話したいと思ってることを間接的に叶えてくれる。すごいなぁと思う。
オレの周りで近しい人が亡くなったというのがなくて(曾ばあちゃんくらい)、あまり会いたいと思える人がいないけど、あの番組は感動した。霊感も無いけど、あんなことってあるんだね。

そして、やっぱり愛する人を残して亡くなっていく人は、「生きてほしい」という言葉を残すんだね。1リットルの亜也さんと同じ言葉を残して。
1リットルの涙最終回以来に涙が出たね。


オレは突然の別れっていうのが一番嫌いだね。放火殺人なんて考えられない。常人はそんな考えできるわけないよね。犯罪者の考えることなんか理解しようとしても無理。なんでそんなことするんだと思っても無駄なんだろうね。でもそういう変な人たちがこの世からいなくなることを願う。



★いよいよ大晦日。オレの楽しみは仕事から帰ってきてから、年越しに食べるアレ!それをこれでまかないます。


どん兵衛!!


そして録画してあるPRIDE男祭をみること。
で、目標は31日中に帰宅すること。30日は23時40分に帰宅だったので。大晦日のほうが忙しいかも。そんな気がする。

それでは良いお年を・・・!

続きを読む "江原さんすごいね そして大晦日"

|

2005年12月28日

仕事納め・・・

なんてものがない。今の仕事には。


スーパーで働いているオレは当然のように大晦日も、正月の三が日も仕事。しかも超忙しい!!

だから大晦日もいつ帰宅できるかまったく見当がつかない。
前にいたバイト君は帰宅中の自転車に乗ってる最中に「A HAPPY NEW YEAR!」
オレもそんなことになりかねない。契約時間は23時までだから、その時点でかなり遅いけどさ。でもねぇ・・。

すんなり仕事が終わったとして、家に着くのは早くて23時35分。それから着替えたりなんやかんややって23時45分。年越しそばのどん兵衛を食べようとお湯を沸かして3分待って・・・
その間に

年が明けそう・・・。そんな光景が見える。

うちにはガス台がなく、代わりに電気だから湯沸しに15分くらいかかる可能性がある。だから十分ありえる光景だと思う。


「帰ってきてまずお湯を沸かせばいいだろうが!」と思っているところで、今回はあっさりと終わりに。



そういえば、先日頭を打った(パートのおばさんいわく、床に”ゴチン”といったらしい)けど、たんこぶがちょっとできただけで大丈夫だった。よかったよかった。

|

2005年12月23日

1リットル最終回の次の日に・・・

それは21日午後3時半のことだった。
なんと・・・


仕事の途中で倒れてしまった。1分くらい気を失って、意識が戻ってすぐ救急車で病院へ・・・。職場の人達に多大な心配と迷惑をかけてしまった。

気を失うのは初めてでショックだった。しかもそのときに頭を打ってしまって、レントゲンとCT検査。。。(異常はなかったけどちょっと怖かった。夜中吐き気したし。それはどうやら意識しすぎただけだったようだけど。)


くしくも1リットルの涙最終回の次の日。生きるということを考えていた次の日。
病院の看護士さん、医師の方などに大変お世話になった。でも今回お世話になったことで、初めて「人は一人では生きられない」ということの意味を実感した。いい仕事をなさってるわ。


まえに1リットルの記事で、オレは大きな病気や持病がまったく無いと書いたけど、まさかこんなことになろうとは・・・。実は今年、厄年なもんでして。厄払いしてないし、それが今更きたのかも。この年の暮れに。
厄年はその期間にいろんなとらえかたがあるようだから、オレはまだ来年の誕生日まで続くことも考えられる。払ってもらおうかなぁ。これまた今更だけど。

|

2005年12月20日

1リットルの涙最終回

 やばいっすね。。。最終回は。

-5年後-
亜也が死んだ・・・


その一年後の母潮香から亜也への手紙、これがオレの涙腺を激しく刺激した。

その中にあった「もう一度だけ会いたい」って誰しもが思うことなんだろうね。最後の笑顔、涙出たわ。


これで1リットルの涙は終わりだけど、オレはこれからも生きることを精一杯全うしたい。

オレは、死ぬまで生きる
(意味は深いよ)

亜也さよなら!!

| | コメント (0) | トラックバック (8)

2005年12月17日

北海道シリーズ2

やっとだけどシリーズ2を書くことにします。

今回のは北海道弁について。


これは北海道の人にはぜひ期待してほしい!
オレはこれを知ったとき衝撃を受けたよ!
トリビアですよ、トリビア。



よし、じゃあ書きましょう。

ジャンケンについてのことなんだけど、普通はグー、チョキ、パーでするでしょ?

(ここからですよ北海道のみなさん!!

でも、北海道ではグー、チー、パーでするんですよ!チョキじゃなくてチー!
(チョキでも普通に通じるけどね)


だから、(地域によって違うと言うことなんだろうけど)関東地方ではチーム決めなんかで、「グッパー」ってやると思うけど、

北海道ではもちろん「グッチー」

今千葉に住んでいて、
仕事場で「グッチーで決めよ!」って言ったら「チーって何?」だって・・・。
これは驚いた!!
「アレッ?」て感じ。


関東地方では「グッとパーで合った人!」みたいなやつで、やるでしょ?

北海道では、「グッチー、グッチー、グッチッチ!」ってやんの!

オレからしたらずっと何で「グッパー」ばっかりで「グッチー」はやんないの?ってずっと思ってた。
そしたら、これだもん!
これはもう、




 チッチキチーですわ! 






(スベってないよ)

他に「自分の地方ではこういう風にやるよ」っていうのがあればぜひ教えてくださいね!

あと余談だけど、北海道人のほとんどの人は、小学生時代に1度はこんなことをしてるはず。

(例えば)右手を左手で隠して、「痛い!血ぃ出た、血ぃ出た」と言って右手で「チー」を出します。
以上、完全な余談でした。



さてさて、知ってる人もいたとは思うけど、
今回は「何へぇ~」

ですかぁ~?

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年12月15日

北海道シリーズ?

今日は北海道シリーズ第2弾!

と、予定してたけど、今日はその前に、、、


ある日の職場(某大型スーパーのお魚コーナーで勤務)でのひとコマを紹介。題して、、


スーパーの売り場で
 シリーズ!

第1弾!



売り場で商品整理をしていると、そこに1組の親子が背後を通る。
(子供は2~3歳の男の子で、親が30歳前後のママ。
以下親子の会話)


子:ママ、ブーブーわぁぁ?どこ?
  (ブーブーとはミニカーだろう)

ママ:ブーブーは車に置いてきたよ。

子:エェ?!
(頭の中:ク、ルマ?)
  ・・・ママ!ブーブーわぁぁぁ!!!

ママ:ブーブーに置いてきたの!


子:?・・・ねぇママ、ブーブーわぁ!!

  (パニくる子供)

ママ:だから、ブーブーに置いてきたって
   ば!!


子:ママ、ブーブー、ブーブーどこぉ(涙声)??


・・・・・

(オレの頭):これって子供は、「車」ってのがわからないから、「ブーブー」って言ってるんだよなぁ。
と、思っていると、ママもそれに気づいたようでこう言いなおした。



ママ:ブーブーわぁ、、、

    
    
ブーブーに置いてきたの!



子:・・ブーブ・・・、
  ・・・ぶーぶ??・・、・・・・・・???




余計パニくる子供!!



背後から迫りくる笑いに、衛生マスクごしにこらえるオレでした。

|

2005年12月13日

10リットルの涙

1リットルの涙も第10話にもなった。そして一気に2年がたって、




妹が変わった。1番下の。(キャストがね)



それはさておき、やはり悲しみが増した。

今回の内容を最初から見ていて、亜也が書きたい「ラブレター」の内容はなんとなくわかったけど、「つらい」という言葉が出てくるっていうのは考えたくなかった。
「あれもしたい、これもしたい。もし健康だったらできるのに・・・」それは、人間が”行動する”というのは簡単なことだけど難しいことをしてるということだ。(言ってる事わかる?)


あともし、「私、結婚できる?」ってあの様な状況できかれて、答えられるだろうか。どう答えればいいんだろうか。その後に、「でも、いつかがきたら・・・」なんていわれたら親も泣くよね。


きれいな花で飾られた結婚ができなかったとしても、来週は「いつか」がくるのだろうか。眠り続けるのだろうか・・・。



過去も現在も未来も、どれを想像しても涙が出るという人は数少ないだろう。でも確実にいるんだろう。
オレは今健康で、過去に入院したことも、大きな病気にかかったこともない。骨折したことも、持病さえも。
それを恵まれているといったら言葉が悪いのだろうか・・・。
わからない・・・

| | コメント (4) | トラックバック (14)

2005年12月11日

北海道シリーズ1

今回はプロフにも書いてるけど、オレの出身地である北海道について。



北海道には「やきそば弁当」というインスタントのカップメンがある。地域限定品だから地元の人は知ってて当然なんだけど、他の地域の人にちょっと宣伝(意外と有名か?)。


このやきそば弁当の特徴はなんといっても 中華スープ付きだということ!

といってもスープそのものがついているわけじゃなくて、粉末スープになってる。その粉を厚めのコップに入れてお湯を入れる。このお湯がポイント!やきそば自体の作り方はぺヤングやUFOと一緒だけど・・・そう、この捨てるはずのお湯をコップに注ぐだけ!このスープが実にうまい!何でかと言うと、麺の戻し湯を使ってるから出汁が効いてる!

ホントうまい(と思う)よ!
是非とも北海道に行ったときは買って食ってね☆(極たまに皆さんの近くのコンビニでも売ってるはずだよ)ちなみに「大判」サイズと、


「やきそば弁当」もあるよ!でもオレのおすすめは普通のやつね。




ちなみにちなみに、北海道ではこれのCMに波田陽区が出てたよ!(今はわからないけど)
CMで、「北海道でしか買えませんから!残念!」ってゆぅじゃな~い。
でも波田さんそのCM・・・




北海道の人しか見てませんから!残念!!




次回は北海道シリーズ第2弾を書くよ!今流行ってるなまり的な・・・、でもトリビア的な・・・、そんな感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 7日

9リットルの涙

毎回楽しみにしてる1リットルの涙。

9リットルの涙。

今回は、遥斗が亜也に告白したねぇ。そうかそうか。

「好き。」

「・・・なの?」  ってね。

その前の、「俺、お前が話すならどんなにゆっくりでもちゃんと聞く。」

「電話で話せないなら、こうやって直接会いにくる。

俺イルカじゃねぇし、お前もイルカじゃないし。

お前が歩くならどんなにゆっくりでも一緒に歩く。」・・・だってさ!

で、「好きなのかも、、、たぶん。」

そして亜也の、笑顔で「あり、がとっ」って。


青春ですかーー


まぁ泣けたけどね。なんか沢尻エリカちゃんもかわいいけど、男から見ても錦戸君ってかっこいいね。演技うまいし。普段関西弁なのにね。



病気の進行が早い亜也。「夢の中でも車椅子だった・・・」ってとこが1番感動した。来週はほんとすごそうな感じだ。ラブレターの内容が・・・。次、また期待しよう。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2005年12月 6日

フジテレビ あいのり

あいのり見たけど、TKいないとやっぱさみしいわ。。。

おめーらみんなめんどくせーよ!!」 ・・・って。

ヒデにはぜひがんばってもらいたいねぇ~。アヤもちょっとヒデのほう見てきてるような感じだし。
梅ちゃんもガンバレ!(お前がナ!by梅ちゃん)

だからあいのりスペシャル楽しみ。

楽しみと言えば・・・



本命「1リットルの涙」!!!明日また書くけど、なまら楽しみ

いや、なんまら楽しみ!!でも期待しすぎないように。フリが大きくなるわ


(注:なまら→北海道弁ですごくの意。なんまらは最上級。)




ちなみにあいのりスペシャルのあとに、1リットル最終回!(涙)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年12月 5日

早くも12月05日・・・

千葉県在住なんだけど、昨日(4日)は寒かったっす。最高気温10度きったそうで。

家にいても出掛けるにしても、

こういうときは、

えなり

にかぎるね!!

  ↓↓


  Photo

そして・・・

出掛ける際は、靴下を履かずに靴を履く。

これはいわずと知れた
石田太郎・・・じゃなくて石田純一さんのファッション。

これを組み合わせると

  ↓↓

Photo_1

夢のコラボレーション!!! 

ファッションの両極端を走る二人のコラボ!

なんたって、片や本物の ファッション 、片や

ただの 

天然 だからねぇ(笑)

みなさんは、ぜひ来年の夏にやってみてください☆

・・・・・写真がわかりづらくてすいません

|

2005年12月 4日

お金って何だ?

★昨日スマステで竹中大臣がこんなことを言ってた。

「お金(お札)とは単なる紙切れ。だけど、みんながその紙切れを信用していることで価値がうまれている」と。


オレも同じことを考えてたわ♪


この紙切れは現代の日本で間違いなく一番信用されている物だろう。
大昔は、それが大っきい石だったわけで。


そう考えると今も昔も人々は「物々交換」をしてるんだよね。
だから買い物に行ったとき、それ相応の価値があるものなら交換(買える)できるはずだと、思わなくもない(クレジットカードはそれができる)。


例えば、

レジに骨董品の(信用できる)鑑定士でも連れて行って、「この壷には30万円の価値がある」ということを証明してもらって、壷と商品を交換して(買わせて)もらう。お釣りももちろんもらえる。

・・・とか。

あと、親切なお店なら両替もしてくれるっていう。

実際にはできないだろうけど、ようは信用があれば何でもできるはずだ、ということ。


でも、この信用のおける「お札」、日本でしか信用されてない。だから海外ではホントにただの紙切れ


すばやく現地の紙切れに交換してね☆


「福沢諭吉」じゃなく「ビル・ゲイツ」でものせれば海外で通用するのだろうか・・・

誰ならいいっすか?

(そーゆぅ問題じゃない)

|

2005年12月 3日

おしえてください!

ネットサーフしてたら、しょこたん☆ブログ (中川翔子さんのブログ)を見つけたんだけど、えらい更新が早くて驚いた・・・

その中で「ギザカワユス」、「テラカワユス」などの言葉が出てきたけど、使い方がよくわからん。

知っている方、使い方を教えていただけますかぁ?あと他にもあったら教えてください。ぜひ。(読んでくれることを願って!)

ちょっと興味あり↓

しょこたん☆ぶろぐ ブログ本出してますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »